デプトとは 看板製作 人工大理石 製作事例 お問い合わせ

看板製作

看板の役割とは

普段私たちが何気なく見ている看板ですが、その用途によって様々な役割があります。
お店の表示から、メニュー表示、販促広告、道路標識、注意を促すものなど、
そんな看板に支えられながら私たちは日々生活を送っています。
看板には誰が見てもわかりやすい様に色、形、光の当て方や、それに沿った魅せ方など様々な工夫がされているのです。
デプトではそう言った細かいこだわりまでを考えた看板製作・施工を実施しております。

看板の種類
看板一覧

※ 看板の各番号をクリックしていただくと、下記の詳細説明にジャンプします。

 

屋上広告塔看板

ビル等の屋上に設置されている広告塔を使います。
壁面いっぱいの面積を利用することでき看板の中でも一際目立つので、一番アピールしたいことをシンプルに
記載します。 また、ネオンやLED、スポットライトを利用することで夜間でも綺麗に見せることも可能です。
地域や場所によって、景観条例などの制限がある場合がありますので注意が必要です。

   
 

壁面文字看板

建物の壁面に取り付ける金物や樹脂製の文字です。
ここでの金物の文字は多くの場合、厚みのある箱文字を使います。
箱文字の場合、ネオン、LEDを用いて正面、背面を光らせることが可能で、本体はカッティングシートか塗装を用いる
ことで美しく仕上げることができます。 樹脂製の文字は、内側から光らせることはできませんが、カッティングシートで装飾しスポットライトをあてる等の工夫で映えさせることが出来ます。

 

袖看板 (突き出し看板)

建物の壁面からブラケットという脚を出し取り付けます。
道路境界線との取り合いがありますので縦長のものがほとんどになります。
看板内部に蛍光灯を仕込み、片面・両面のどちらでも綺麗に光らせることが可能です。
多くの場合、社名や店名を記載します。

 

ガラス面シート切文字サイン

カッティングシートを機械で文字の形にカットし現場にてガラス面に貼り付けます。
特に沢山の柄や色のデザインにしたい場合はインクジェット出力したシートを貼ることも可能です。

   
 

ファサード看板

お店や会社の顔とも言える部分の看板です。
金物で厚みのある箱を組み表示部分にはアクリルかFFシート (フレキシブルフェイスシート) を用います。
FFシートとはテント生地のようなものにガラス繊維を組み込んだ、非常に強い素材です。
アクリル、FFシート共に、カッティングシート貼りまたはインクジェット出力をすることもでき多様性に富んでいます。

 
 

壁面パネル看板

簡易な樹脂製のパネルを使い、その上にカッティングシートやインクジェットシートを貼り付けます。
アルミの角パイプや木を用いて厚みを持たせることも可能です。

   
 

壁面パネル看板

上記の6番とは違い、人の目線にあたる部分の看板です。
例えば飲食店なら、メニューや営業時間などより詳しい情報を記載します。

 

ガラス面サイン

この部分も人の目線にあたる部分なので、上記の7番同様に詳しい情報を記載することがほとんどです。
また、目隠しのために擦りガラス調のシートを貼ることもよくあります。
ガラスに何を貼り付けるかで、その店舗の雰囲気やイメージが大きく変わりますので重要な部分であると考えています。

 

ポール看板

地面を掘り込み支柱を立て、その上に取り付ける看板です。
沢山の面積を使うことができますのでお店のアピールにはかなり役立ちます。
多くの場合、看板内部に蛍光灯を入れ内側から光らせる造りになっています。
また、当社では看板のみではなく支柱からの製作・施工が可能です。

   
 

懸垂幕

ターポリンと呼ばれる生地を使い、ポール看板では記載できなかった部分を大きく見せることができます。
インクジェット出力にも対応していますので様々な表示が可能です。

   
 

自立看板

自立看板には掲示板、宣伝、案内表示など、色々な種類と使い方があります。
用途によって構造が複雑になることがありますので、詳しいことが決まっていない、まだぼやけているプランで
あっても一度お問い合わせください。 当社でご提案させていただきます。